CSSが無効なため正常に表示されません。CSSを有効にしてください。

HARMAN Owners' Clubハーマンオーナーズクラブ

JBLが聴ける店 vol.52鹿児島・いちき串木野JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン

理想の音を追い求めた『PARAGON』のサウンド

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン

「JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン」は、鹿児島の中西部に位置する海風を感じる町、いちき串木野市の市役所へと通じる道を曲がるとその右手にある。その外観は何層もの蔦に覆われており、すぐ隣にはコーヒーの焙煎室が並んでいる。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン01

長き時を経て作り上げられた歴史を感じる外観。

鹿児島で44年目を迎える、心地よいサウンドを堪能できるJAZZと珈琲の店

店内の奥に設置されているのは、1950年代製の『JBL D44000 PARAGON』(以下、『PARAGON』) 。心地良いサウンドとともに、卓越したフォルムとその圧倒的な存在感で、観る者、聴く者を魅了することができる。

「JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴンは1976年にJAZZ喫茶として始めました。ありがたいことに、今年で44年目を迎えます。昔は10数名のスタッフで店を切り盛りしていましたが、今は息子と家族4人でがんばっています」

そう語るのは「JAZZ&自家焙煎珈琲パラゴン」のオーナーである須納瀬氏だ。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン02

店の奥には『PARAGON』が設置されている。

「お客様に居心地の良い空間を提供するために、普段は『PARAGON』の音量を絞って鳴らしています。しかし、せっかく『PARAGON』があるので、毎週日曜日の22時から24時までの2時間は、『フルボリューム Jazz Audio Time』として大音量で『PARAGON』を鳴らして楽しんでもらっているんですよ」

『PARAGON』の音質の良さは音量を絞っていてもわかる。透き通るような、まるで体を突き抜けるかのようなサウンドに出会える。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン03

終始笑顔で店の歴史を語る須納瀬 和久氏。開店当初から店に対する想いは変わらない。

「店名はもちろんJBLのスピーカーである『D44000 PARAGON』が由来です。JBLのスピーカーとの出会いは、まだ店を構える前でした。当時、JBLのKシリーズの音を聞いた時に、楽器の位置が分かるほどの音質で感激したことを覚えています。そして、JBLの様々なスピーカーと巡り合う中で『PARAGON』の存在を知りました。当時はまだ『PARAGON』の音を聞いたことはありませんでしたが、JBLの中でも最上位モデルのスピーカーだということもあり、憧れがありました。そんな憧れのスピーカーをいつかは自分の店に導入したいという想いから、店名をパラゴンと名付けました」

また、JAZZ喫茶を始めるに当たり、JAZZの研究や店で流すレコードの購入も積極的に行ったという。

「初めは音楽よりもオーディオの方に興味がありました。しかし、JAZZ喫茶を始めようということで、とにかく誰が来ても恥ずかしくないように、当時から月に10枚はレコードを買うように積み重ねてきました」

そう語る須納瀬氏の隣には、いくつものレコードがところ狭しと並んでいる。レコードは5,000枚、CDは3,000枚以上所有しており、今でも増え続けているという。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン04

カウンター奥のレコード棚。ところ狭しと並べられたレコードは目にも楽しい。

パラゴンでは音楽と共に食事も楽しんで欲しいとい想いから、自家製のケーキやピザも提供している。そのため、『PARAGON』のサウンドを求める方はもちろん、カフェ好きのお客様や、家族で来店されるお客様も珍しくないという。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン05

須納瀬氏は店に対する想いを言葉として綴っている。時代が変わってもその想いは変わらずに在り続けるのだろう。

「オーディオは箱の技術」電子工学からJAZZ喫茶の道へ

お店のオープン当初は、他のJBLのスピーカーと機材を組み合わせて音を鳴らしていた。念願の『PARAGON』はお店をオープンして4年後に導入したとのことだ。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン06

1950年代製の『PARAGON』に付いている昔のJBLのロゴデザイン。

須納瀬氏はもともと電子工学が専門で、学生時代はアンプの製作も行ったことがあるという。

「学生の時に教授にオーディオとは何だと聞かれたことがありました。私は何も答えられずにいると、教授からオーディオは箱の技術だと言われました。なぜだか今でもその言葉を鮮明に覚えています」

電子工学が専門ということもあり、その興味はオーディオにあった。『PARAGON』がどんな構造をしているのか興味があり、裏蓋を開けて色々研究したという。

「教授に言われた言葉を鮮明に覚えていたので『PARAGON』はどんな技術をもって作られているのか非常に興味がありました。興味本位で少し中をいじると音が全然違って聞こえるんですよ。それが楽しくて、自分の求めるJAZZの音を引き出すために研究を繰り返しましたね」

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン07

須納瀬氏の独自のセッティングで追い求めるサウンドへと近づけていく。

『PARAGON』のサウンドと同様にコーヒーの味も追及

『PARAGON』はお店の中の何処で聞いても変わらない音だという。

「『PARAGON』は音量によりイメージが変わるんです。音を絞っていると透き通るようなリラックスできる心地よいサウンドですが、大音量で『PARAGON』を鳴らすと箱が鳴っているような印象になります。目の前の『PARAGON』というステージの上で楽器が演奏されているのがわかるんですよね。楽器の左右の置き位置だけでなく、その奥行きや大きさすらもわかってしまいます。音を出しているのは『PARAGON』ですが、店内全体が鳴り響いて、ひとつの会場となっているみたいです」

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン08

レコードから流れ出るウッドベースの弦のビビりもリアルに聞こえてくる。

自身の理想とするJAZZの音を追い求める須納瀬氏。『PARAGON』本来の音がお客様に伝わるように、床に直置きではなく、あえて耳の高さまで上げて鳴らしている。また、『PARAGON』はあえて中音重視のセッティングにしてあるという。

「お客様がリラックスできる、居心地の良い空間を提供したい、という想いは開店当初からあります。中音重視のスピーカーは長くずっと聞くことができるんですよね。だからうちの『PARAGON』は中音重視なんです」

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン09

あえて着席したお客様の耳の高さに合わせた位置に設置することで、『PARAGON』本来の音に包まれながらくつろげる空間を演出。

『PARAGON』を設置した当初、イコライザを使って低音や高音を引き上げたりもしたが、それよりも中音重視のほうがリラックスして聴くことができたという。そのため、今はオリジナルの中音重視の音で鳴らしているとのことだ。

「とにかく『PARAGON』をどれだけうまく鳴らすかということに集約しています。100Wのアンプだと、針がピークに触れてしまい余裕のある音になりません。余裕のあるアンプで鳴らさないと、余裕のある音が出ない。また、オーディオは機械と機械のマッチング、さらに部屋とのマッチングが重要だと思っています」

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン10

『PARAGON』と組み合わせて使っているのは『MCINTOSH MC1201』。馬力に余裕があるアンプで鳴らさないと、余裕のある音が出ないと須納瀬氏は語る。

須納瀬氏のオーディオへのこだわりは留まるところがない。しかし、それはオーディオだけでなくコーヒーも同じだ。

「コーヒーの焙煎では苦味の質を求めています。オーディオもそうですが、コーヒーにおいてもたくさんのコーヒーの味を追い求めるのではなく、1つのコーヒーを浅いところから深いところまで追求しています。そういった意味では『PARAGON』と同じですね」

もちろんコーヒーは直火で焙煎。本来の味わいを提供したいので、豆によっては焙煎してから一週間くらい寝かせているという。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン11

自家焙煎によるブレンドコーヒー。心地よいサウンドとコーヒーの香りが五感を刺激する。

「ゆっくりしていて気楽な店だけれども、本物の店でありたい。音楽はもちろん、コーヒーやケーキにおいても本物と思っていただけるような店を目指しています」

どこまでも理想を追求した『PARAGON』のサウンド、コクと苦味が絶妙にマッチしている自家焙煎のコーヒー、素材を吟味し作り上げる自家製のケーキやピザ。味や音を磨くだけでなく、店を、そして日常を磨き、充ちたりた和やかな時間を提供するパラゴン。須納瀬氏のこだわりやその想いが隅々まで詰まっている店だ。

JBLが聴ける店・JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン12

SHOP DATA

JAZZ&自家焙煎珈琲 パラゴン鹿児島県いちき串木野市昭和通102

TEL
0996-32-1776
営業時間
12:00-24:00
定休日
火曜日、第一月曜日
お店の一覧へ