NBA&バスケに賭けれるブックメーカーおすすめランキング!賭け方・オッズ・勝つノウハウ徹底解説!

この記事ではバスケ・NBAのブックメーカーについて詳しく解説します!

ブックメーカーとは、スポーツ競技に関する政府公認の賭けの胴元を差しており、もともとイギリスで始まり今では世界中で楽しまれてます!

単純にどちらが勝つかを予想するものや両チームのファール数を予想するマニアックなものまでさまざまです。

多くのスポーツがブックメーカーの対象になっており、さまざまな人が楽しめるものになっています。

今回はバスケ・NBAの賭け方やオッズ、勝つ必勝法・ノウハウについてご紹介していきます!

目次

ブックメーカーでNBA・バスケに賭けるおすすめ理由!

NBA・バスケのブックメーカーがおすすめな理由について解説していきます。ブックメーカーはスポーツの種類や競技性によって 難易度やオッズが異なります。そのため、どのスポーツのブックメーカーを選ぶかが勝つためには非常に重要になってくるのです。

さまざまなスポーツがある中でバスケのブックメーカーがおすすめな理由について詳しく見ていきましょう。

豊富な賭けオプションでさまざまな展開を楽しめる!

バスケのブックメーカーはさまざまな項目に賭けられます。賭けられる種類は1試合で 100種類を超えるほどです。「どちらのチームが勝つか」「両チームの合計点数は何点か」など賭けられる項目は多岐にわたります。

そのため毎日賭けたとしても日々違う賭け方ができるので、飽きることなく長期間楽しめる仕様になっているのです。豊富な賭けのオプションがバスケ魅力の1つといえます。

高還元率で利益を追求しやすい!

ブックメーカーはその他の公営ギャンブルと比較しても非常に高い数値になっています。そのため勝ちやすいギャンブルになるので、おすすめです。還元率とは、使用した金額から返って金額の割合であり、高ければ高いほど勝ちやすいといえます。

日本のその他公営ギャンブルの還元率は下記になります。

ギャンブル名 還元率
ブックメーカー 90%~98%
パチンコ 70%~85%
競馬・競艇・競輪など 58.5%
スポーツくじ 49.6%
宝くじ 45.7%

ご覧の通り、ブックメーカーの還元率は他の公営ギャンブルの還元率と比べても飛び抜けた数値です。

先述した通り、バスケのブックメーカーは賭けられる種類が豊富なため、1種類あたりに賭ける人数が少ないので、オッズが高くなる傾向になります。そのため、バスケのブックメーカーは勝ちやすいのでおすすめです。

どこからでもアクセス可能!

ブックメーカーはいつでもどこでもプレイできます。スマートフォンやタブレットからでもプレイ可能なので、外出先からでも気軽にプレイできます。また入出金方法が豊富。クレジットカードはもちろん、銀行振込や仮想通貨など、さまざまな方法で入金できるので、誰でも簡単に楽しめるのです。

自宅からだけでなく、外出先や出張先などから手軽にプレイできるバスケのブックメーカーはおすすめです。

日本語対応!NBA・バスケ賭けにおすすめブックメーカーランキング

さまざまなサイトでバスケのブックメーカーを楽しめます。サイトによってそれぞれ特徴があるので、どのサイトで遊べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。ここでは、おすすめのブックメーカーを紹介します。参考にしてください。

スポーツベットアイオー


バスケのスポーツベットのオッズ提供に定評があるスポーツベットアイオー。本人確認が不要で、 すぐにプレイ可能な点が売りのスポーツベットです。チャットサポートは24時間365日対応しており、日本向けのビッグイベントもたびたび開催。日本人へのサポートが手厚いスポーツベットなのです。

仮想通貨でもプレイ可能であり、プライスブーストと呼ばれる既定のオッズを自分上げられるという特徴もあります。

bet365

スポーツベットの本場イギリスのブックメーカーがこのbet365です。ヨーロッパを中心に人気のブックメーカーであり、 さまざまなベットが楽しめる点が特徴です。NBAも全試合が無料視聴可能であり、ライブベットも充実しています。

ただし、bet365を利用するためにはpayzというウェブウォレットを作る必要があるので注意してください。ただし、payzはほとんどのブックメーカーで利用可能なため、これからスポーツベットを楽しもうと思っているかたは、作成しておくとよいでしょう。

Stake(ステーク)

もともとバスケや格闘技に強いスポーツベットがこのStakeです。多数のベットが用意されているので、誰でも楽しむことができます。 仮想通貨で利用する際には本人確認が必要ありません。個人情報の提出に不安がある方におすすめです。

バスケに関しては 15ヶ国以上のリーグや大会が対象です。NBAのプロモーションも充実してるので、バスケのブックメーカーを楽しむうえでおすすめできるブックメーカーです。

20BET(20ベット)

入出金方法が業界でもトップクラスの20BET。payzやeウォレット、クレジットカードや銀行振込など、さまざまな種類が使えます。オッズの種類も豊富で、どのような人でも楽しめるブックメーカーです。

配信している生中継も多く、ライブベットも充実しています。プロモーションやキャンペーンも多数用意されているので、初心者でも安心してプレイできます。

賭けっ子リンリン(賭けリン)

マーケットの多さが魅力的な賭けっ子リンリン。バスケに関しては 30以上もの国と地域のリーグを対象としています。バスケの対応している地域だけでも他のブックメーカーを上回っています。NBAだけを見ても150~300種類ものオッズが用意されているので、さまざまな楽しみ方が可能です。

日本語サポートも充実しており、スポーツごとに専用プロモーションが充実。バスケを楽しみたい方はもちろんのこと、他のスポーツを楽しみたい方も楽しめるブックメーカーなのです。

ブックメーカーでベットできる主なバスケのリーグや大会

ブックメーカーの対象であるバスケの主なリーグや大会について紹介していきます。リーグや大会によって特徴が異なります。バスケのリーグや大会ごとの特性を理解することで、それぞれに合った賭け方ができるようになります。バスケについて学ぶことで、ブックメーカーでの勝率をあげられるでしょう。

NBA・WNBA・NCAA

略称 正式名称
NBA 北米男子プロバスケットボールリーグ
WNBA 女子プロバスケットボールリーグ
NCAA 全米大学リーグ

バスケの本場アメリカの3大ビッグリーグになります。NBAはアメリカの男子プロバスケットボールリーグで、アメリカ4大スポーツの1つです。その他3つのスポーツはNFL(アメリカンフットボール)MLB(野球)NHL(アイスホッケー)です。

アメリカでは女子のプロバスケットボールリーグも人気です。男子よりは少し劣りますが、よりスピード感のある試合は見どころ満載です。

アメリカの大学スポーツは4大スポーツに匹敵するほどの人気です。将来のNBAのスターたちが躍動するので、試合自体を見ていても非常に面白いのですが、アマチュアだからこそ人気を獲得できている部分があります。たとえば、パフォーマンスはやかけ声などはもちろんのこと、アマチュアならではのトリックプレーやオフェンスオプションなど、NBAとは違った側面で楽しめるリーグなのです。

国内Bリーグなど、各国のトップリーグ

各国の主なリーグは下記になります。

国名 リーグ名
日本 Bリーグ
イタリア セリエA
ドイツ ブンデスリーガ
オランダ エールディビジ
イギリス BBL
メキシコ LNBP
オーストリア ABL
中国 CBA
フランス LNB
韓国 KBL
スペイン リーガACB
ベトナム VBA
フィリピン PBA

紹介したリーグは一部分です。バスケは世界中で愛されているスポーツなのです。ただし、注意しなければいけないのが、ブックメーカーによって 取り扱っているリーグが違うという点です。NBAなどの主要なリーグであれば、基本的にはどのブックメーカーでも取り扱っていますが、少しマイナーなリーグであれば事前に対応しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。

国際的なバスケットボール大会

バスケでは各国国内のリーグ戦以外にも、代表戦などの国際大会も頻繁に行われています。主な国際的なバスケットボール大会は下記になります。

  • 夏季オリンピック
  • BCL(バスケットボール・チャンピオンズリーグ)
  • ユーロバスケット(欧州選手権)

バスケは世界的にも人気のスポーツであり、オリンピックの主要競技の1つになっています。

BCLやユーロパスケットは、ヨーロッパのクラブ間で欧州一を目指す大会です。サッカーでいうチャンピオンズリーグを想像してもらうとわかりやすいでしょう。このようにバスケは頻繁に国際的な大会が開催されているので、リーグ戦とは別の楽しみがあるのです。

eバスケ

eバスケとは、実際にプレイするのではなくゲームなどでプレイするバスケのことです。近頃世界中で人気が上昇している eスポーツの1つといえます。eスポーツとは、ゲームなどをスポーツ競技として捉え、互いに競い合うネット上のスポーツを指します。

バスケの場合、ゲーム上で人間同士が操作して対戦するタイプと、コンピュータ同士が対戦してその結果を予想するタイプがあります。基本的な賭け方は実際のバスケと同じなので、違和感なくベットできることでしょう。

NBA・バスケの賭けで提供されるオッズと賭け方

先述した通り、バスケのブックメーカーではさまざまな賭け方があります。ここでは一般的な賭け方についてご紹介します。対象の試合で適している賭け方や、賭け方によってオッズが違ったりなど、非常に奥深くなっています。下記に紹介している賭け方以外にもさまざまな賭け方があるので、気になる人は確認してみてください。

スプレッド(Spread)

ハンデをつけた場合の勝敗を予想する賭け方です。たとえばAチームに5点のハンデをつけて、Aチームが10点Bチームが13点取った試合だと、ハンデの点数を加算させるのでAチームの勝利となります。スプレッドではAチームに賭けていた場合、配当がもらえるのです。

スプレッドでは、両チームの 実力差やハンデの大きさが非常に重要になります。両チームの戦力や調子を確認して見極めることで勝率を上げられるでしょう。

得点合計(Total)

両チームの合計得点数を予想する賭け方です。勝敗は関係なく合計の得点数が対象になるので、両チームの オフェンス力やディフェンス力を確認しておく必要があるでしょう。

単純に合計得点数を予想する賭け方なので、そこまで複雑な賭け方ではなく、初心者でも気軽にベットできる仕様になっています。

マネーライン(Money Line)

単純にどちらが勝つかを予想するだけ。マネーラインはバスケのオッズでは 最も単純な内容になっています。考えることは、どちらのチームが強いかだけです。もちろん両チームのここ数試合の成績やけが人の有無などを確認しておく必要があります。

しかし、シンプルな賭け方なので当てやすい反面、オッズは低めに設定されていることが多いです。

優勝予測

対象となるリーグや大会の優勝チームを予想するこの賭け方。他の賭け方とは異なり、1試合で結果がでるものではありません。結果が出るまでに長期間がかかるものであり、そのためどのタイミングで予想をするかが重要になります。

基本的に予想するタイミングが早ければ早いほどオッズが高くなります。さらにNBAなどのリーグ戦においてはシーズン中にトレードが可能な期間があるので、トレード前とトレード後ではチーム力が変わるので、オッズにも影響がある点に注意が必要です。

この賭け方はそのときの調子も重要ですが、最も考えなければいけないのは、チーム力の違いです。リーグ戦などでは半年ほど戦うので、長い目でみて控えも含めてどれだけ優秀な選手がそろっているかが重要です。選手においても若手選手は勢いがある反面、調子の波が激しい傾向にあります。一方でベテラン選手は爆発力がないものの、安定感があるのです。

このようにさまざまな観点から対象チームの戦力を分析することで、より当てられる確率があがるのです。

試合前の予測ベット

対象の試合が始まるまえに行うベットです。行われる試合のさまざまな事象について予測します。たとえば「その試合では延長戦が行われるか」「特定の選手が何点取るか」など非常に細かい内容までオッズの対象になります。

オッズは賭けるタイミングが試合開始に近づくにつれ下がっていきます。そのため予測ベットで高オッズを狙う場合は、発表されてすぐ賭けるとよいでしょう。

ただし、試合前の方がより最新の情報を取得できるので、当てやすいという一面ももっています。

試合中のリアルタイムベット

実際にそのとき行われている試合について賭けるリアルタイムベット。他の賭け方と比較しても、非常に当てやすくなっています。なぜなら試合の状況や選手の調子を確認してから賭けられるからです。

ブックメーカーによっては試合中継をリアルタイムで放送しているところがあるので、試合観戦をしながらリアルタイムベットができるのです。その他の賭け方と比べてもより臨場感があって興奮できる賭け方だといえるでしょう。

ただしNBAなど海外の試合の場合は、時差などがあるので リアルタイムの観戦が難しいこともあります。

ブックメーカーでのNBA・賭けのノウハウ・必勝法

バスケといえばNBA。ブックメーカーでNBAに賭ける際は、少しコツが必要になってきます。国内リーグやオリンピックなどの代表戦などとは異なる、NBAのブックメーカーで勝率をあげるためのコツを見ていきましょう。

NBAシーズンでの戦略的ベッティング

NBAのシーズンはレギュラーシーズンとプレーオフとがあります。それぞれは戦い方や選手起用などが異なりますので、同じように考えてベットしても勝つ確率は低くなります。

たとえばレギュラーシーズンの場合、大敗している試合などでは勝ちを狙わずに選手を調整起用することがあります。一方でプレーオフの場合は負けてもいい試合は1試合もないので、必ず勝ちを狙ってくるのです。そのため、ただチーム力が強い方に賭ければいいのではなく、そのときのチーム状況やさまざまな分野から分析することが重要になります。

しっかりとNBAの1シーズンの流れを把握しておかなければなりません。

1シーズンのNBAの動向

NBAの1シーズンの流れを知っておく必要があります。NBAは全30チームが「ウェスタン・カンファレンス」「イースタン・カンファレンス」の2つにわかれます。さらにそれぞれのカンファレンスが 5チームずつ3つのディビジョンにわかれているのです。

レギュラーシーズンは10月に開幕してそれぞれのチームは82試合を戦い抜きます。ただしこの82試合は同じカンファレンスだけでなく、別カンファレンスのチームと戦うこともあるのです。

各ディビジョンの勝率1位のチームがまず、プレーオフに進出します。その後、各カンファレンスで1位チームを除いた、勝率上位3チームずつが、プレイオフに進出。各カンファレンスの勝率7~10位のチームがプレーインの進出。プレイオフ残りの枠をかけてしのぎを削るのです。

プレイオフはレギュラーシーズンとは異なり、トーナメント形式で行われます。7試合を行い4試合先勝した方が勝ちで、負けたらその場で敗退となります。東西の各カンファレンスを勝ち抜いたチームが、NBAファイナルで戦います。

NBAファイナルは毎年2,000万人近くが観戦するビッグイベントで、世界中で盛り上がります。このようにNBAは長丁場を戦います。そのため、しっかりとチーム力を見極める必要があるのです。

前半と後半の試合の動きを捉える

試合の前半の流れを見ることで、後半の流れを予想することが重要です。そのため、ただ試合を観戦するのではなく、前半の動きをハーフタイム中に分析して後半の流れを考えましょう。

たとえば点差が開いた試合の場合、後半は主力選手を休ませることが多いです。その後は得点差が狭まる可能性が高くなるでしょう。このように後半の流れを予想してベットすることで勝率を上げられるのです。

また大幅に負けているチームも調整を行うことがあり、逆に 点数差が開くことも予想できます。このように状況に合わせた考え方が必要になるのです。

クォーター毎のベットで賭けのチャンスを増やす

クォーター毎にベットすることで、スポーツベットの回転率を上げられます。NBAでは1クォーターが12分。1試合は4クォーター制です。クォーター毎に掛けることで、10分~12分に1回は利益を確定できるのです。

また、クォーター間にチームで話し合いを行うので、次のクォーターに入ると 戦い方を変えるというケースも多くあります。そのためバスケのブックメーカーでは、1クォーターが非常に重要な役割を担っているのです。

特定のポイント範囲に注目して高いオッズを追求

両チームあたりの得点を予想するのがポイントレンジです。他の賭け方と比較してもオッズが高く設定されていることが多いので、大きいオッズを狙う場合にはおすすめです。

ここで重要なのが、対象チームのレギュラーの様子です。レギュラーにけが人がいたり、休息をとって欠場している場合は、得点が入りづらいことが予想されます。

このようにバスケのブックメーカーがいかに分析が重要なのかがわかります。しっかりと事前に分析を行い、賭けていくとよいでしょう。

ブックメーカーにおけるNBA・バスケベットのメリット

ここではNBAやバスケのブックメーカーを利用するメリットについて解説していきます。ブックメーカーではたくさんのスポーツが遊べます。競技によって特徴が違うので、おすすめできる賭け方も異なるのです。

バスケ好きな人にはもちろんおすすめできますが、そうでない人についてもおすすめできる理由を見ていきましょう。

多くの試合が行われ、連日のベッティングが楽しめる

NBAのベットは、1年中楽しめるというメリットがあります。NBAは年間82試合のレギュラーシーズンと、プレーオフが最大28試合行われます。NBA全体の総試合数は 1300試合以上とも言われており、シーズンオフでもさまざまな国際大会が開かれているのです。

そのため、ベットしたくても試合が行われていないというケースが少なく、基本的にどのタイミングでも試合は開催されているのです。4大スポーツの1つであるNFLを例として見れば、レギュラーシーズンは各チーム17試合。トータルで考えても272試合と、NBAと比較すると非常に少ない試合数となっているのです。

いつでもブックメーカーを楽しみたいという方はNBAがおすすめです。

他のスポーツに比べ、プレイヤーの情報が集めやすい

バスケは他のチームスポーツと比較しても、選手の人数が少ないためプレイヤー情報が集めやすいという特徴があります。同時に出場できる選手は5人、ロースターは最大でも17名と非常に少ない人数になっています。MLBのロースターは40人、NFLのロースターは最大53人です。50人それぞれをリサーチするのは難しいですが、17人であればそう難しくありません。

ブックメーカーで勝つためには対象チームの戦力を入念にリサーチする必要があります。これだけ人数が少ないと、プレイヤーの情報が集めやすく勝ちやすいといえるでしょう。

豊富なデータに基づいた分析が可能

NBAは非常に細かいデータまで豊富な種類の情報が用意されています。そのため、分析が容易です。NBAの公式サイトを見てみると、すべての試合のさまざまなシーンの情報や映像が見られます。例えば〇月〇日の〇分の映像というものでも、簡単に検索できるのです。

ブックメーカーでは、なによりもデータの分析が重要です。その点、NBAの公式が豊富なデータを用意しているので、安心して情報の収集ができます。入念にリサーチを行うことで、NBAのブックメーカーにおける勝率をあげられるのです。

高オッズでのベットのチャンスも多い

バスケのブックメーカーは、どのタイミングで賭けるかによってオッズは変動します。発表してすぐの場合は高オッズであり、時間がたてばたつほど低くなっていくのです。

ここで重要なのが、NBAでオッズが発表されるタイミングです。日本時間でいうと 夕方に発表されることが多いので、日本人でも発表されてすぐに賭けられるのです。そのため、バスケのブックメーカーは日本人が遊ぶうえでおすすめできるといえるでしょう。

シンプルかつ楽しい体験ができる!

シンプルにNBAは見ていて非常に楽しいスポーツです。競技はもちろんのこと、チアダンスやハーフタイムショーなど、試合以外の部分でも観客を楽しませてくれるので、まさに全体がエンターテイメントだといえます。

いくら当てやすいブックメーカーなどでも、見ていて面白くなければ楽しくないでしょう。その点、NBAはあらゆる面で楽しませてくれるので心配ありません。楽しみながらブックメーカーを楽しむことができるのです。

NBAベットのデメリット

ここではNBAのブックメーカーにおけるデメリットを紹介していきます。NBAのブックメーカーにはさまざまなメリットがありますが、デメリットについても確認しておく必要があります。デメリットを把握しておくことで、よりNBAを楽しめるようになるでしょう。

試合時間が日本では不規則

NBAの試合開始時間は、日本時間では早朝から昼にかけてが多いです。そのため、日本人がリアルタイムで観戦するのには少し 難しい時間帯になっているのです。

ブックメーカーでやはり醍醐味なのがリアルタイムベットです。生で行われる臨場感や熱気のある賭け方がやはり人気ですが、それ以外でも十分に楽しめるコンテンツになっています。ぜひさまざまな賭け方でNBAを楽しんでください。

日本語での情報リソースが少なめ

NBAは日本語での情報リソースが少ないという点がデメリットとしてあげられています。多くの海外スポーツにいえることですが、日本語に翻訳されている情報は少ないのが現状です。

もちろん、英語をわかる人は問題ないのですが、わからない人でも昨今の翻訳機能は優秀なので、自動翻訳を使えばある程度の情報を収集することが可能です。

過剰な情報量に迷うことがある

NBAが持っているデータの種類は4000兆個とも言われており、データが多すぎて何を調べていいかわからないと迷ってしまうこともあるでしょう。事前に自分が 何を調べたいかをしっかりと把握しておく必要があります。

そうすることで迷うことなく必要な情報のみを調べられるのです。ブックメーカーは情報を分析することが重要ですが、情報量が多すぎることも収集の妨げになるので、事前にしっかりと整理しておくとよいでしょう。

ライブベットの難しさ

バスケはライブベットのタイミングが少し難しいスポーツです。なぜなら、他のスポーツと比較しても、非常に 展開の早いスポーツだからです。攻守の切り替えも早く得点も多く入る傾向にあるので、ベットするタイミングが少しずれるだけで試合展開は大幅に変化するのです。

もちろんそれがバスケの面白さでもありますが、ライブベットをするにおいては少し難易度をあげる要因になっています。NBAでライブベットを行う際は常に試合展開に目を走らせ、適切なタイミングでベットするようにしてください。

NBA特有のルールの理解が求められる

NBAには独自のルールがあるので、ブックメーカーで遊ぶ前にしっかりと把握しておく必要があります。たとえば大差のついた試合では無理に点を取りにいかないなど。それらのルールがあるがゆえにベットの結果が変わることもあるのです。また、NBAのルールは高い頻度で変更されます。そのため、常に最新の情報を取得することで勝率を上げられるのです。

ブックメーカーは安全?違法?合法?

日本からブックメーカーを利用してベットするのは違法ではありません。日本にはオンラインギャンブルに関する法律がなく取り締まれないからです。

適用されるのはブックメーカーの 運営企業がある国の法律。ブックメーカーやオンラインカジノの運営企業はカジノ合法国に会社を構えているので、日本人がプレイしても法に問われることはありません。

安心して日本人でもプレイできるのです。

ブックメーカーで賭けるNBA・バスケについてのまとめ

NBAのブックメーカーは非常におすすめのギャンブルです。バスケ好きな人もそうでない人も楽しめるスポーツなのです。高還元率でさまざまな賭け方ができる。試合展開も早くハーフタイムショーなどが充実しているので、見ているだけでも楽しめるようになっています。

ただし、NBAの試合のライブベットを行い場合は、時間帯に注意しなければなりません。どうしても時差があるので、観戦が難しい時間帯に開催されることが多いです。データも豊富で知れば知るほど気になるバスケのブックメーカー。ぜひ一度体験してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次