ルーレットでモンテカルロ法を使った必勝方法!実践シミュレーション徹底解説!

ルーレットでモンテカルロ法は使えるの?
モンテカルロ法でのルーレットの勝ち方を知りたい!

「ルーレットでの勝利は運だけ?」と疑問に感じているあなた。

そんな悩みを解決するのが「モンテカルロ法」です。

この方法は、独特の戦略を駆使して勝率を上げるもので、カジノの伝説的な逸話としても知られています。


しかし、モンテカルロ法は一見すると複雑そうで、どのように取り組めばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そんなあなたのために、この記事ではモンテカルロ法を用いたルーレットの攻略法をわかりやすく解説します。

この記事でわかること!

・モンテカルロ法の基本的な戦略とその理論
・モンテカルロ法を適用した実践例とその結果
・モンテカルロ法の弱点と対策
・モンテカルロ法の改良や応用方法

具体的には、モンテカルロ法の基本的な理論から始めて、その適用例、弱点とその対策、さらには改良方法などを詳しく解説します。

さらに、2倍と3倍のベットを使った場合の期待値やメリット・デメリットについても分析します。


ルーレットで勝つための必勝法を探している方、モンテカルロ法を使ってみたいけどどうすればいいかわからない方、この記事があなたの一助となることでしょう。

モンテカルロ法をマスターして、ルーレットでの勝率を一気にアップさせましょう!

目次

ルーレット必勝法のモンテカルロ法とは

ルーレットのモンテカルロ法の概要


ルーレットのモンテカルロ法は、ヨーロッパのカジノで有名になった戦術で、プレイヤーが連続して勝利することを目指します。

この方法では、最初に賭ける金額を決め、負けるたびにその金額を倍にしていきます。

勝った場合は、元の賭け金額に戻して再び賭けます。

この繰り返しにより、連続して勝利する確率を上げることが狙いです。

2倍と3倍の賭けに適用できるモンテカルロ法


モンテカルロ法は、2倍の賭け(レッド・ブラック、オッド・イーブンなど)だけでなく、3倍の賭け(1-12、13-24、25-36のグループ賭け)にも適用できます。

3倍の賭けを利用する場合、負けたら賭け金を3倍に増やすことで適用が可能です。

ただし、リスクも高くなるため、自分の資金管理や運用法に注意しながら適切にプレイすることが重要です。

ルーレットでのモンテカルロ法の賭け方の説明

2倍モンテカルロ法の概要


2倍モンテカルロ法は、ルーレットの2倍の賭けに適用される戦術で、レッド・ブラックやオッド・イーブンなどが対象です。

この方法では、負けた場合に賭け金を2倍に増やし、勝った場合には基本ユニットに戻すという戦術を繰り返します。

リスクを抑えつつ、連続した勝利により小さな利益を積み重ねていくことが目的です。

ただし、長期的な勝ち越しを期待することは難しいため、一定の利益が出たらプレイを終了することをお勧めします。

3倍モンテカルロ法の概要


3倍モンテカルロ法は、ルーレットの3倍の賭けに適用される戦術で、1-12、13-24、25-36のグループ賭けが対象です。

この方法では、負けた場合に賭け金を3倍に増やし、勝った場合には基本ユニットに戻すという戦術を繰り返します。

リスクは高いものの、勝利時の利益も大きくなります

同様に、一定の利益が出たらプレイを終了することが重要です。

2倍と3倍の期待値は同じであること


2倍と3倍のモンテカルロ法には、それぞれ異なるリスクとリターンが存在しますが、期待値は同じであることを理解しておくことが重要です。

どちらの戦術を選択しても、長期的な利益は同等となります。

選択はプレイヤーのリスク許容度に応じて決定してください。

ルーレットゲームの途中で止めても大丈夫


モンテカルロ法では、途中でゲームを止めることも可能です。

利益が得られたら、その時点でプレイを終了しても構いません。

無理に続けることで、逆に大きな損失を招くこともあるため、適切なタイミングでプレイを終了することが大切です。

賭け金は最初と最後の数字を合計した金額を使用


モンテカルロ法では、賭け金を決める際に、最初と最後の数字を合計した金額を使用します。

これにより、プレイヤーが目標利益に達するまでの賭け金の増加を抑えることができます。

また、一連の勝ち負けの結果として賭け金の変動が小さくなるため、バンクロール管理が容易になります。

この戦術は、短期的な利益を追求するプレイヤーに適しています。

ルーレットで賭けるエリアと最初の賭け金を決める方法


モンテカルロ法を実践する際には、まずルーレットで賭けるエリアを選びます。

2倍の賭けであればレッド・ブラックやオッド・イーブンが適しており、3倍の賭けであれば1-12、13-24、25-36のグループ賭けが対象です。

次に、最初の賭け金を決めます。

これはプレイヤーのバンクロールに応じて適切な金額を選ぶことが重要です。

賭け金は基本ユニットとして使用されるため、無理のない範囲で設定しましょう。

実践シミュレーション:ルーレットでの2倍モンテカルロ法

2倍モンテカルロ法の基本説明

ゲーム回数 賭け金 勝敗 損益 トータル収支
1 1000円 負け -1000円 -1000円
2 2000円 負け -2000円 -3000円
3 4000円 勝ち +4000円 +1000円
4 1000円 負け -1000円 0円
5 2000円 勝ち +2000円 +2000円

2倍モンテカルロ法は、ルーレットの2倍の賭け(赤/黒や奇数/偶数など)に適用される戦術です。

最初に賭ける金額を決め、その金額に対する利益を目指します。

負けたら賭け金を倍にし、勝ったら賭け金を元に戻します。

目標利益に達するまで続けます。

2倍モンテカルロ法:ゲーム1


最初のゲームでは、例えば1000円を賭けます。

このゲームで勝てば、利益は1000円になり、目標利益に達したことになります。

しかし、負けた場合は次のゲームで賭け金を倍にします。

2倍モンテカルロ法:ゲーム2


2つ目のゲームでは、前回の負けを取り戻すために2000円を賭けます。

勝てば、3000円の賭け金で2000円の利益が得られ、目標利益に達します。

負けた場合は、賭け金をさらに倍にします。

2倍モンテカルロ法:ゲーム3


3つ目のゲームでは、賭け金を4000円にします。

このゲームで勝てば、7000円の賭け金で6000円の利益が得られ、目標利益に達します。

負けた場合は、賭け金をさらに倍にします。

2倍モンテカルロ法:ゲーム4


4つ目のゲームでは、賭け金を8000円にします。

このゲームで勝てば、1万5000円の賭け金で1万4000円の利益が得られ、目標利益に達します。

負けた場合は、賭け金をさらに倍にします。

2倍モンテカルロ法:ゲーム5


5つ目のゲームでは、賭け金を1万6000円にします。

このゲームで勝てば、3万1000円の賭け金で3万円の利益が得られ、目標利益に達します。

負けた場合は、賭け金をさらに倍にします。

このように、2倍モンテカルロ法は負けた場合に賭け金を倍にしていくことで、勝った時点で目標利益に達する戦術です。

ただし、連続して負けると賭け金が急激に増えるため、資金管理が重要になります。

また、カジノには賭け金の上限があるため、無限に賭け金を倍にできないことに注意してください。

実践シミュレーション:ルーレットでの3倍モンテカルロ法

3倍モンテカルロ法の基本説明

ゲーム回数 賭け金 勝敗 損益 トータル収支
1 1000円 負け -1000円 -1000円
2 3000円 負け -3000円 -4000円
3 9000円 勝ち +9000円 +5000円
4 1000円 負け -1000円 +4000円
5 3000円 勝ち +3000円 +7000円

3倍モンテカルロ法は、2倍モンテカルロ法と同様に、ルーレットで用いられる賭け金管理戦術の一つです。

負けた場合は賭け金を3倍に増やし、勝った場合は元の賭け金に戻すことで、利益を目指します。

この戦術は、資金が急激に減るリスクを抑えることができますが、勝率が低くなるため、目標利益に達するまでの時間が長くなることがあります。

3倍モンテカルロ法:ゲーム1


例として、最初の賭け金が1000円、目標利益が3000円の場合を考えましょう。

最初のゲームで勝てば、すぐに目標利益に達します。

しかし、負けた場合は、賭け金を3000円に増やして次のゲームに進みます。

3倍モンテカルロ法:ゲーム2


2回目のゲームで勝つと、4000円の賭け金から3000円の利益を得ることができます。

もし負けた場合、賭け金を9000円に増やし、次のゲームに挑みます。

3倍モンテカルロ法:ゲーム3


3回目のゲームで勝利すれば、13000円の賭け金で3000円の利益が得られます。

負けた場合は、賭け金をさらに3倍に増やしていくことになります。

3倍モンテカルロ法:ゲーム4


ゲーム4では、賭け金が27000円になります。

このゲームで勝利すれば、合計で39000円の賭け金から3000円の利益が得られます。

しかし、負けた場合は、賭け金を81000円に増やし、次のゲームに進みます。

3倍モンテカルロ法:ゲーム5


ゲーム5では賭け金が81000円となります。

このゲームで勝つと、合計で120000円の賭け金で3000円の利益を獲得することができます。

もし負けた場合、賭け金をさらに3倍に増やし続けることになりますが、カジノには賭け金の上限があるため注意が必要です。

3倍モンテカルロ法は、2倍モンテカルロ法と比較して資金管理がやや楽になりますが、勝率が低くなることも考慮してプレイする必要があります。

また、カジノには賭け金の上限が設定されているため、賭け金を無限に増やすことはできません

この戦術を用いる際は、リスク管理を念頭に置いてプレイしましょう。

ルーレットのモンテカルロ法のメリット

2倍モンテカルロ法のメリット:勝率が高い


2倍モンテカルロ法は、賭け金を負けた場合に2倍に増やしていく戦術です。

この方法の最大のメリットは、勝率が比較的高いことです。

負ける確率が50%以下である限り、最終的に勝利する可能性が高くなります。

ただし、続けて負けると賭け金が急速に増加するため、資金管理が重要です。

3倍モンテカルロ法のメリット:大きな利益が期待できる


3倍モンテカルロ法は、負けた場合に賭け金を3倍に増やす戦術です。

この方法のメリットは、一度の勝利で大きな利益を得ることができる点です。

賭け金が増える速度が2倍モンテカルロ法よりも緩やかなため、資金管理がやや楽になります。

ただし、勝率は2倍モンテカルロ法よりも低くなるため、リスク管理に注意してプレイすることが重要です。

ルーレットのモンテカルロ法のデメリット

2倍モンテカルロ法のプラス面:勝つ確率が高い


2倍モンテカルロ法は、賭け金を負けた場合に2倍に増やしていく戦術で、比較的勝率が高いことがメリットです。

ただし、連続して負けると賭け金が急激に増加するため、資金管理が非常に重要になります。

適切なリスク管理ができない場合、大きな損失を被ることがあるため注意が必要です。

3倍モンテカルロ法のプラス面:大きな利益を狙える


3倍モンテカルロ法は、賭け金を負けた場合に3倍に増やす戦術で、大きな利益を得ることができる点がメリットです。

賭け金が増える速度が2倍モンテカルロ法よりも緩やかなため、資金管理がやや楽になります。

ただし、勝率は2倍モンテカルロ法よりも低くなるため、リスク管理に注意してプレイすることが重要です。

モンテカルロ法を実践する際のメモ取りの必要性


モンテカルロ法を実践する際には、各ゲームの結果や賭け金の推移をメモすることが重要です。

これにより、自分の戦術がうまく機能しているかどうかを確認することができ、必要に応じて戦術を修正したり、適切なリスク管理を行ったりすることができます。

メモ取りを習慣化することで、モンテカルロ法をより効果的に活用することができるでしょう。

ルーレットのモンテカルロ法についてのまとめ


ルーレットモンテカルロ法は、賭け金を負けた場合に倍加させていく戦術で、勝率と利益を狙える方法です。

2倍モンテカルロ法は勝率が高く、3倍モンテカルロ法は大きな利益が期待できますが、連続して負けると賭け金が急激に増加するリスクがあります。

資金管理とリスク管理が重要で、各ゲームの結果や賭け金の推移をメモ取りして、戦術の効果を確認しながらプレイしましょう。

興味を持ったら、ぜひ実践してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次