パチンコの「特殊景品」って価値あるの?金は買い取りできるのか!

パチスロでの特殊景品って価値ある?
特殊景品の種類や受け取り方を知りたい!

特殊景品って聞いたことあるけど実際どうなの?

と思ったことはありませんか?

特殊景品はその存在と役割が、これまでの様々な法規制を経て、時とともに大きく変化し続けてます。

音価はそんな方の為に

この記事でわかること!

・パチンコの特殊景品とは?
・特殊景品の種類
・特殊景品の金は買い取ってもらえる?

今回の記事では、そんな特殊景品の種類や買取方法、金は買取できるの?について解説していきます!

目次

パチンコの特殊景品とは?買取や交換方法

 class=
パチンコやパチスロの醍醐味と言えば、当然ながら大当たりの瞬間です。

しかし、それ以上に重要なのが、その後に手に入る”景品”の存在です。

この記事では、そんなパチンコの”特殊景品”について、その意味や取り扱い方法を詳しく解説します。

パチンコの景品は2種類ある

 class=
まず、パチンコの景品には基本的に2種類あります。

それが「一般景品」と「特殊景品」です。

①一般景品

 class=
一般景品とは、文字通り、パチンコ店の景品交換所で見かける一般的な商品のことを指します。

家電から洗剤、食品まで、多岐にわたる品揃えが特徴で、日常生活で使うものから贈り物に最適なものまで幅広く取り揃えられています。

②特殊景品

 class=
一方、特殊景品とは一般景品とは異なり、主に金地金などの高価な金属が用いられます。

実は、こちらはゲームセンターの利用者が大当たりを引き当てた際に手に入れることができる特別な商品で、その後の換金や買取につながる非常に重要なアイテムなのです。

特殊景品の中でも最も一般的なのが金地金です。

これは、金そのものの価値が高いこと、そして、換金時の価格が変動しにくいという特性から、安定した価値が保証されるため選ばれています。

それでは、特殊景品の買取や交換方法について見ていきましょう。

特殊景品は、パチンコ店内の専用カウンターや特定の買取店で現金に交換することができます。

ただし、換金時の金額は金地金の重さや純度、さらにはその日の金の相場によって変動します。

class=

また、特殊景品を買取る業者は多数存在しますが、業者によって買取価格に差が出るため、何社か比較してから決めることをおすすめします。

特に、インターネットを活用して全国の買取業者を調査すると、より良い条件で買取ってもらえる可能性が高まります。

パチンコでの勝利は、大当たりだけでなく特殊景品をどう利用するかにもかかっています。

大切なのは、自分の手に入った特殊景品の価値を最大限に引き出すこと。

そのためには、市場の動向を把握し、良心的な買取業者を見つけることが大切です。

今回の記事が皆様の一助となれば幸いです。

特殊景品は地域や店によって違う

 class=
特殊景品とは、名前の通り一般的な景品とは異なる、特別な価値を持つ品物のことを指します。

その中でも、地域や店舗によってその種類や形状が変わることが特徴的です。

大阪は文鎮から栞へ

 class=
例えば、大阪では一時期、金地金が形成された文鎮が特殊景品として提供されていました。

しかし、最近では金地金を使用した栞が主流になりつつあります。

その形状はシンプルでありながらも、高級感があふれるデザインが特徴で、単なる景品としてだけでなく、コレクターズアイテムとしての価値も持っています。

東京は金チップ入りケース

 class=
一方、東京では、ホログラムシールが貼られたプラスチックケースに入った金のチップが特殊景品として一般的です。

このゴールドチップは、プラスチックケースで保護されているため、金地金の純度を保つことができ、高価で貴重な特殊景品として好評を博しています。

東京以外は純金じゃないかも?

 class=
特殊景品について語る上で注意すべき点は、東京以外の都道府県では必ずしも純金のチップが手に入るわけではない、という事実です。

一部の地域では金地金以外の金属を使用したチップが提供されることもあります。

そのため、特殊景品を手に入れる際は、その素材や純度について確認することが重要となります。

特殊景品の金、買い取ってもらえる?

 class=
パチンコとパチスロ、これらの一見楽しげな遊戯が多くの人々に提供しているのが「特殊景品」です。

特殊景品とは、一般的な景品とは異なり、特別な価値を持つ景品のことを指します。

その中でも、金地金といった貴金属類はパチンコ・パチスロの特殊景品の代表格と言えるでしょう。

これらの特殊景品を握りしめたとき、私たちが最初に抱く疑問は、その景品が現金に換えられるのかどうか、ということではないでしょうか?今回はその疑問に答えるべく、特殊景品の買取について詳しく見ていきましょう。

TUCショップが登場してすべてが変わった

class=
パチンコやパチスロで得た特殊景品、それを現金に換えるためにはどうすれば良いのでしょうか。

答えは意外とシンプルで、それは「TUCショップ」を利用することです。

このTUCショップは、パチンコやパチスロで得た特殊景品を現金に換えるための店舗として、全国各地に店舗を展開しています。

金地金などの特殊景品を手に入れたら、そのままこのTUCショップへ持ち込んで現金に換えることができます。

TUCショップの登場以前は、特殊景品の買取市場はほとんど存在せず、一般的なリサイクルショップなどで買取を依頼するしかありませんでした。

しかし、そのような店舗では一部の特殊景品の買取が難しく、また買取価格も低めに設定されていたため、適切な価格で買取ってもらうのは困難でした。

しかし、TUCショップの登場により、特殊景品の買取市場が形成され、景品を容易に現金化することが可能となりました。

買取価格は一定ではない

 class=
特殊景品の金地金の買取価格は、その日の金の相場によって大きく変動します。

金相場は国際的な経済情勢や金利、株価の動きなどによって日々変動するため、買取価格もその影響を受けます。

したがって、特殊景品を手に入れたその日にそのままTUCショップへ持ち込んで現金に換えるのか、それとも金相場が上昇したタイミングで現金化するのか、その選択は一概には言えません。

たとえば、金相場が下がり続けている期間に特殊景品を現金化すると、得られる金額は減少する可能性があります。

逆に、金相場が上昇している期間に現金化すると、より高い価格で買取ってもらうことができます。

しかし、金相場の動きを予測するのは難しく、またそのために特殊景品を長期間保管するのもリスクが伴います。

そのため、買取のタイミングは各自の判断に委ねられます。

リサイクルショップでの買取が難しい

 class=
一般的なリサイクルショップでは、特殊景品の金地金の買取は困難なケースが多いです。

その理由は大きく2つあります。

まず一つ目は、リサイクルショップにとって金地金の再販が困難であるということです。

パチンコやパチスロで獲得した金地金は、一般的な消費者に対する需要が少なく、リサイクルショップがこれを再販することは難しいのです。

特に、パチンコ店などで得られる金地金はその形状や品質に特殊性があり、一般の金買取店でも取り扱いが難しいケースがあります。

二つ目の理由は、金相場の変動によるロスを避けるためです。

前述したように、金の価値は日々変動します。

リサイクルショップが金地金を買取った後で金相場が下落した場合、その差額分をリサイクルショップが負担しなければならなくなります。

そのため、リスクを回避するために金地金の買取を避ける店舗が多いのです。

以上のように、特殊景品の金地金を現金化する場合は、一般的なリサイクルショップではなく、専門的な買取店舗を利用するのが一般的となっています。

 class=

特殊景品の金地金の買取は、一定の場所と方法を知っていれば可能です。

しかし、買取価格は金相場に左右されるため、その日の価格に納得がいくかどうか、また保管リスクを考えるとすぐに現金化するべきかどうか、それは個々の判断に委ねられます。

また、特殊景品の金地金は一般的なリサイクルショップではなく、専門の買取店舗を利用することが望ましいと言えます。

特殊景品、買取できない場合は?

 class=
特殊景品の取り扱いには注意が必要であり、その価値を理解し、確認する知識が必要となります。

製錬業者の登録マークや金塊番号がない場合のリスクを理解することで、金地金の真贋を確認し、買取におけるトラブルを避けることができます。

パチンコはただの遊びだけでなく、特殊景品の存在により投資や買取といった別の側面も持っています。

そのため、金地金の取り扱いについての知識は、パチンコプレイヤーにとっては必要不可欠なものとなります。

製錬業者の登録マークが無い

 class=
金地金といえば、その価値はその純度や重量によるものです。

しかし、金地金が真金であると証明するためには、信頼できる製錬業者の登録マークが必要不可欠となります。

製錬業者の登録マークが刻印されていることで、その金地金が正真正銘のものであることが保証されます。

主な製錬業者としては、「TOKURIKI」や「Tanaka Kikinzoku」などがあります。

これらの業者はその信頼性と高い技術力で知られており、そのマークが金地金に刻印されていることは、その品質と価値を確認する上で大変重要な要素となります。

しかし、この製錬業者の登録マークがない場合、その金地金が真金であるという証明が難しくなります。

真偽が確認できない金地金を買取ることは、買取業者にとっては大きなリスクとなります。

そのため、製錬業者の登録マークがない場合は、通常、買取が断られることが多いのです。

金塊番号が無い

class=
また、金地金には一般的に「金塊番号」が刻印されています。

これは各金地金を一意に識別するための番号で、製錬業者が製品を追跡するためのものです。

買取業者にとっても、この金塊番号はその金地金が正規の製品であることを確認するための重要な情報となります。

しかし、金塊番号がない場合、その金地金の出所が不明となり、また偽物である可能性も高まります。

そのため、金塊番号がない金地金の買取は、買取業者にとってはリスクが高くなります。

その結果、金塊番号がない金地金の買取は、通常、断られることが一般的となっています。

特殊景品の種類

こんなものが特殊景品だった事も

香水

 class=
香水は女性客を惹きつける効果があり、パチンコ店側にとっては集客アイテムとしての価値があります。

特にブランド品の香水は、パチンコ店に足を運ぶ女性客にとって魅力的な特殊景品となるでしょう。

乾燥材

 class=
保湿剤や化粧品の一部として、または日用品としての乾燥材も特殊景品となり得ます。

これらの製品は、長期保存する場合に重要な役割を果たします。

コーヒー豆

 class=
コーヒー豆は日常生活に欠かせないアイテムで、多くの人々にとって価値ある商品です。

特に、高品質なコーヒー豆は豪華な特殊景品として人気があります。

歯ブラシ

 class=
身の回りの日用品でもある歯ブラシも特殊景品の一つです。

これらのアイテムは日常生活で必要とされ、特殊景品として提供することで客の生活を便利にする効果があります。

リップクリーム

 class=
リップクリームもまた、特殊景品の一つです。

特に冬場には乾燥から唇を守るために重宝されます。

高級フカヒレ

 class=
高級食材であるフカヒレも特殊景品の範疇に入ります。

これらは豪華な食事を楽しむための特殊景品として人気があります。

レコード針

 class=
レコード針は、音楽愛好家にとっては貴重なアイテムです。

レコードの音質を最大限に引き出すためには、レコード針の質が非常に重要となります。

マヨネーズ

 class=
料理の味を引き立てる調味料であるマヨネーズも、特殊景品として提供されることがあります。

そのまま使用することもできますし、自分で手作りの料理に使用することもできます。

缶詰

 class=
缶詰もまた、長期保存が可能であり、災害時などには重宝するため特殊景品として提供されます。

特殊景品についてよくある質問

パチンコの特殊景品に対する質問は様々ですが、その中でも特に多いとされる2つの質問について考えてみましょう。

中身は本当に金ですか?

 class=
特殊景品の中でも、特に一般的なのが金地金です。

しかし、「中身は本当に金なの?」という疑問を持つ人も少なくありません。

特殊景品として提供される金地金は、その純度や重量が保証された本物の金です。

金地金の表面には製錬業者の名前や金地金の重さ、金地金の純度を示す刻印があります。

そのため、本物の金であることを確認することができます。

実際に特殊景品って使えるの?

 class=

特殊景品の利用価値については、その種類によります。

例えば、金地金ならば金買取店で換金することが可能です。

ただし、その価値は金の市場価格や地金の純度、重量によります。

一方、非現金特殊景品の場合、その利用価値は商品自体の需要や市場価値によるところが大きいです。

特殊景品まとめ

パチンコの特殊景品は多岐にわたり、その取扱いや価値評価には様々な要素が関わってきます。

特に金地金の場合、その価値は製錬業者の登録マークや金塊番号、その純度や重量などによって大きく左右されます。

パチンコを楽しむ一方で、特殊景品についての知識を深めることは、その適切な価値評価と利用のために重要なことです。

また、非現金特殊景品についても、その商品自体の価値を理解することが重要です。

最後に、特殊景品を正しく理解し、適切に取り扱うためには、パチンコ店のスタッフや金買取店のスタッフからアドバイスを受けることも大切です。

遊びを楽しむ一方で、自身の利益を守るためにも、これらのポイントを忘れずに、適切な情報収集と判断を心掛けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次