パチスロの目押しの習得方法や練習方法!初心者でもできる目押しのコツ!

目押しの技術を磨くには、具体的にどうすればいいの?
目押しがうまくできない!

そんなあなたの疑問に答えます。パチスロの醍醐味を最大限に引き立てる、「目押し」を手に入れるための効果的な練習方法を詳細に解説していきます。

まず大切なのは、自分で挑戦すること。目押しの技術は、実際にリールの動きを確認しながら練習することで身につけることができます。

この記事では、具体的に「目押し」を学習できるようになっています。

目押しを身につけて、自分でボーナスを揃える喜び、レア役をゲットする興奮を手に入れましょう。

パチスロ初心者の方はもちろん、すでにスロットを楽しんでいるが目押しは難しいと感じているあなたにも

目押しのやり方や上達方法・練習方法について解説していきますのでぜひチェックしてみてください!

今こそ、新たな挑戦を始め、パチスロの世界をより深く、より楽しく体験してみてください。

目次

目押しとは?

 class=
スロットの「目押し」は、特定の図柄を狙って止める技術のことを指します。

これは日本のスロット特有の要素で、アメリカのスロットマシーンとは大きく異なる部分です。


ストップボタンを押してリールを止め、特定の図柄が枠内に止まるように操作するのが「目押し」の主な技術です。

しかし、目押しの技術が無くてもスロットの楽しみは十分にあります。

実際、目押しができない人もホールでは多く見受けられ、その人たちは純粋にスロットを楽しんでいます。

目押しができない場合の損失金額は1回あたり数十円から100円程度と、大きな金額とは言えません。

初心者の間は、「目押しができないと大損をするのでは?」という不安がよぎるかもしれません。

しかし、実際には台の選択や換金率が目押しよりも影響力が大きいというのが真実です。

そして、目押しの技術が無いことによる障壁は、実際にはそれほど高いものではありません。

初心者がスロットを始めた初期段階では、「目押しの技術が無いと遊べないのでは?」という考えや、「ボーナスを揃えられないと大損する」という恐怖感が大きくなるかもしれません。

しかし、そのような障壁を乗り越えるためには、なぜ目押しが必要なのか理解し、目押しによる損失を実際に計算してみることが重要です。

目押し練習手順1

タイミングは常に一定なことを理解する!

 class=
パチスロの目押しの学習は一段階ずつ行われます。

その最初のステップは「タイミングの習得」です。

目押しのスキルを磨くためには、まずタイミングを理解し、それを身体に記憶させる必要があります。

タイミングの理解と体感

 class=
このステップでは、目押しの重要な要素であるタイミングを、リールの視認よりも先に身体に覚え込ませることに焦点を当てています。

理論上のタイミングは約0.75秒ですが、実際のリールの速度は0.76から0.78秒程度であることが多いようです。

メトロノームのアプリを活用することで、このタイミングを自分の身体で感じることができます。

この練習は文字通り、自分の身体にタイミングを叩き込む(手のひらで軽く叩く感じで)ことが推奨されています。

理想的な目押しタイミングの確認

 class=
目押しのタイミングについて、一般的に2つの主要なポイントがあります。

通常時とボーナスを揃えるときです。

これらのタイミングを理解して、適切に反応することで、パチスロをほぼ損失なくプレイすることが可能になります。

一定のタイミングの理解と適用

 class=
パチスロのリールが回転するスピードは一定です。

主流の速度は1回転あたり0.78秒です。

この一定のリズムを理解し、自分がやりやすいようにタイミングを取ることが目押しの重要なスキルとなります。

最後に、目押しの練習に最適なパチスロ機種は「ジャグラーシリーズ」であると言われています。

この機種は、目押しのタイミングが取りやすく、図柄が大きく見やすいことから、初心者には特におすすめ
です。

目押し練習手順2

スロットのリールと制御(スベリ)

class=
スロットマシンのリールフレームは、それぞれが3マス分しか見えないようになっています。

それゆえ、4マスのスライドが可能であれば、リールフレームの上部でリールを止めても、スロットマシンが適切にボーナスを揃えてくれます。

パチスロのリールは、1分間に最大80回転するというルールがあります。

したがって、1周するのに約0.75秒かかります。

この情報を覚えておくことで、目押し(タイミングによる押し)が実現可能となります。

リールの読み方と調整方法

class=
目押しの練習を始めるためには、まずリールをどのように観察し、調整するかを理解する必要があります。

その際、以下のような視認ポイントがあります:

色:目立つ色を探して基準にします。


光や透明度:バックライトが透けて見えるデザインを基準にします。


幅:他のデザインよりも幅が広いボーナスデザインを基準にします。


このようなポイントを把握した上で、あなたが最も視認しやすい図案を選び、それを目押しの練習に活用しましょう。

一つのデザインだけでなく、異なるデザインにもチャレンジしてみることで、目押しの習得が更に進むでしょう。

スロットの特性を利用した目押し

 class=
スロットマシンには、フラグという特性があります。

フラグは、特定の結果(例えばハズレ、ベル、BIG、REGなど)が起こる可能性を示します。

スロットマシンはこのフラグに従ってリールを動かすので、フラグが立っていれば、ボーナスなどを揃えることが可能になります。

リールが最大4マス動くというルールを利用すれば、目押しはそれほど難しくありません。

狙いたいデザインの上4マスを視野に入れ、早めにボタンを押すことで、スロットマシンのスライド機能を最大限に活用しましょう。

これにより、目押しの成功率を大幅に高めることが可能になります。

目押し練習手順3

低貸しでとにかく練習!

class=
もし一緒にスロットを打てる知人がいるなら、初めてのホール実戦はその人と一緒に行くのが最善です。

しかし、既に基本的な”目押し”の内容を理解していれば、一人でも十分に挑戦可能です。

まず、初めてホールに足を踏み入れる際には、次の点を覚えておくとスムーズに進行できます:

・パチンコと異なり、スロットでのメダル投入口は右側にあります。


・「ジャグラーシリーズ」の台が初心者には適しています。


・基本的には最大ベットの3枚を使用し1ゲームを回すことが普通ですが、ボーナスが成立した時には1枚で回すことも可能です。


・ただし、ジャグラー以外の機種では3枚ベットしか有効でないものも存在しますので注意が必要です。


低貸しを利用した練習が重要

 class=
パチスロのメダルは通常1枚が20円ですが、練習のためにはレートの低い10円、5円、2円コーナーを利用することをおすすめします。

目押しの練習は失敗を前提に進めるべきなので、レートが低いほど損失が少なく済みます。

なお、ゲームセンターに設置されているパチスロ台を利用することで、さらにリスクを抑えつつ練習することも可能です。

しかし、自身の利益に結びつく形での練習が一番効果的です。

人間は本気で取り組むときに最も成長するからです。

以上、初めてホールで”目押し”に挑む際の手順と練習方法について説明しました。

次回は、更に具体的な”目押し”のテクニックについて解説しますので、お楽しみに!

目押し練習手順4

ゲームセンターで練習する

 class=
まず、ゲームセンターでの練習のメリットを挙げると、ホールに比べてお金の出費が少ないことがあります。

また、実践に近い環境での練習が可能なため、実戦感覚を養うことができます。

しかしながら、デメリットも存在します。

一部のゲームセンターでは、機種が古くバックライトなどに不具合があることがあります。

また、ホールほどの緊張感を感じられないため、本番になって緊張してしまう可能性もあります。

さらに、投資金額はホールの半分程度になるため、大きな利益を得ることは難しいでしょう。

いずれの方法を選択するにせよ、「目押し」は誰でも練習すればできるようになるスキルです。

どんな方法であれ、マスターすれば、パチンコでの損失を防ぐことが可能となります。

積極的に練習し、自分に最適な手法を見つけましょう!次回は更に具体的な「目押し」の練習法について解説しますので、お楽しみに!

目押しできない時の最終手法

目押しが不要な機種とは?

 class=
目押し不要の機種とは、その名の通り目押しを必要としないパチンコ機種のことを指します。

これらの機種は初心者にとっても非常に扱いやすいため、目押しのスキルを磨くための一歩として利用することができます。

具体的には、バジリスク系、ミリオンゴッド系、ルパン・ガールズパンツァーなどの平和系が該当します。

これらの機種は液晶が大きく、リールが小さいことが多いです。

目押し不要の機種では、狙った目標を一切取りこぼすことなく打つことが可能です。

しかし注意が必要な点も

 class=
しかし、目押し不要な機種を選ぶことで損失がないというわけではありません。

適当な台に座ってしまっては収支は一向に上がりません。

目押しの本質は一見小さな塵を積み上げて大きな山にすること。

つまり、細かな選択と技術の積み重ねが結果に結びつくのです。

また、期待値がマイナスの機種を打つことで勝てるようになるほどの効果はありません。

そのため、目押しの練習と並行して、機種選びにも十分な注意を払うことが重要です。

それでも目押しの練習は必要

class=
最終的には、どうしても目押しを習得できない場合は、目押し不要の機種を選ぶのも一つの方法です。

しかしながら、あくまでこれは最終手段。

可能な限り、目押しのスキルを磨くための努力を怠らないようにしましょう。

目押し不要機種の注意点

 class=
目押しの練習に四苦八苦しているあなたに、目押し不要の機種が救世主となるかもしれません。

しかし、その選択には一定の注意が必要です。

ここでは、目押し不要機種の魅力とその注意点について詳しく解説します。

目押し不要機種の定義と小役への影響

 class=
まず、「目押し不要機種」という表現に誤解が生じがちですが、それは「ボーナス成立時などに目押しをしなくても遊技上問題ない」という意味を指します。

しかし、スイカやチェリーなどの小役については、目押ししないと取りこぼすことがほとんどでしょう。

そこで重要なのが、厳密には「完全に目押し不要」な機種はほとんど存在しない、という事実です。

しかし、小役を取りこぼしても基本的にはスロットは打てます。

ただし、小役が積み重なると枚数的には損が出る場合もあります。

ボーナスの振り逃しは避ける

 class=
また、もしボーナスが揃えられないと、延々と「狙え」という画面が表示され、当たっているのに投資しなければいけない状況になってしまいます。

これは他のお客さんがいるときには特に気まずいものです。

スロットの楽しみを失わないために、こうした状況を避けるために目押し不要機種が利用されます。

しかし、「目押しいらないから適当打ちでいいや」という安易な考えは避けましょう。

目押し練習の場としての機種

 class=
目押し不要機種は、「失敗しても大丈夫」という安心感を提供します。

これは、練習の場として非常に有効で、擬似ボーナスでさえも絵柄を狙ってみる、目押しの練習を積むための場所となります。

それに、小役も狙ってみてください。

その結果、目押しが自然とできるようになり、取りこぼしによる損失も減ります。

何より、スロットがさらに楽しくなるはずです。

まとめ

目押し不要機種は、目押しの技術習得に苦労している方々にとって、一時的な救世主となることでしょう。

ただし、機械割や楽しみ方を向上させるためには、結局は目押しの練習が不可欠です。

失敗を恐れずに練習を重ね、スロットをより楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次